読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻から離婚を切り出されました。結果バツイチになり会社クビになりました。

妻に捨てられ、さらに仕事を失った私のどん底ブログ。気軽にお声かけくださいませ。

一人でも多くの方にこのブログを見ていただき、
妻に成長が伝わったらと思います。
どうかクリックにてお力添えお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリック

つらすぎて書きに来た。

一人でも多くの方にこのブログを見ていただき、
妻に成長が伝わったらと思います。
どうかクリックにてお力添えお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリック

またまたこんばんわ、グリズリーです。

記事投降後にふとラインを見たら、マイナス思考が高まり、今にも死にたい気分になってきたので、落ち着けるためにまた書きに戻ってきました。

 

妻のラインの画像は今まで一緒に行った伊豆旅行の物でした。

それが先週変更され、ちょっとへこんだのですが、先ほどラインを見たら、ホーム画面の画像まで変わっていたもので。。。

 

ホーム画面は前に一緒にサッカー観戦に行った時の写真だったのですが、

先ほど見たら東京ドームの写真に。

おそらくユニフォームなどからおとといの試合の物だと思うのですが、

半年以上変えていなかった写真がさらっと変えられているのは結構つらいですね。

 

というかスポーツ自体自分から見に行かないタイプなので、誰と野球見に行ったんでしょうね。

 

もう新しい相手探しをしていたらどうしましょう。

やっぱり分かった時点でスパッと死んでみますか。

 

仮に、妻と別れた後の人生がいくら考えても何も浮かんでこないんです。

だからたぶん別れたら死ぬほかないんです。

メンヘラが死にたい死にたい言ってるのとは違って結構マジです。大マジです。

 

万一、死なないにしてもなんの目標もなくただ生きるだけになると思います。

草と一緒です。

 

何がつらいって、今までは会社で何かあったときとか、嬉しい事悲しい事、なんでも連絡くれたのに、それが当たり前のようになくなり、

私の知らないところで私の知らない妻の日常があることです。

別に逐一報告しろ。すべての行動を監視してやる。

ではないんです。

 

なんだか私だけが蚊帳の外で、私だけが取り残されているような感覚です。

離婚を告げた妻はきっと私の事なんか考える時間は一日のうちに一分もなくて、

周りの人と楽しく過ごしているのでしょう。

 

私は周囲からお前が甲斐性ないからこんな事になるのだと毎日言われ続け、

果たしてまた一緒に歩んでくれるかも分からない確信のない夢を追うためにお金を貯めています。

私はお酒が大好きなのですが、お金を貯めるため、意地でもお金を使わないと決め、友人と会うことも今は控えています。

 

もちろんそれだけの事を私がしたのだから、妻が好きなことにお金を使い、好きなことをしているのは何も文句ありません。

 

ただただ、妻の中で私という存在が、日に日にどうでもいいものと化してきていることを感じ辛いのです。

 

人間が死ぬのを恐れるのはなぜか。誰かの記憶からいずれ消えていってしまうから。

みんなの世界から自分だけ外れてしまうから。

おそらくそんな理由だと思います。

 

まさしく今私が感じている辛さ、恐怖は死に対するそれと同じなのではないかと感じるのです。

だから、おそらく妻にとって私が必要なくなり、妻の記憶から私が消えていく時、

死ぬことなんか何も怖くなくなるんじゃないかと、そう思います。

 

まだ、妻と離婚に至ってるわけではないので死にはしませんが、今までの不安を覆うさらに大きな不安がやってきました。

自衛隊に居た時よりも、うつ病になる直前の時よりも、毎日が辛くて苦しいです。

うつ病の時は会社に居る間が問題で、家に帰れば逃げられていましたが、今は何をしても絶えず私の頭の中でめぐり続けています。

逃げる事が出来ないのです。

 

もし妻が今までの私の行いをこの辛さで償わせようと思っているのなら甘んじて受け入れようと思います。

しかし、おそらくそんなことはなく、妻はただただ、私との関係をうっとおしく、早く諦めさせてやろうと思っているのでしょう。

いや、もしかしたらそれすら考えていないかもしれません。

駅のホームに落ちている誰かの吐き捨てたガムを見た時くらいどうでもいいことなのかもしれません。

 

どうして妻は私に不満を感じた時に、言ってくれなかったのでしょう。

 

私は大馬鹿者なので言ってもらわなければ自分で気付くのは苦手だし、

大馬鹿者だから妻の優しい嘘にまんまと引っかかってしまうのです。

 

今回妻の言った一言で一気に目が覚めました。

新しく2人で人生を歩む準備も出来ました。

後は隣に妻がいてくれるだけですべてがそろうのに。

どうしてその一つがこんなにも難しいのでしょう。

 

こんなにつらい思いをするのなら、人を好きになる気持ちなんて頭から切り取れればいいのに。

 

昨晩も眠れず、今日はその眠さを利用してしっかり寝て仕事につなげてやるぜ!

なんて思ってましたが、これはまた眠れぬ夜を迎えることになりそうです。

 

いっそ次に眠ったとき、寝ている間に心臓が止まってしまえばいいのに。