妻から離婚を切り出されました。結果バツイチになり会社クビになりました。

妻に捨てられ、さらに仕事を失った私のどん底ブログ。気軽にお声かけくださいませ。

一人でも多くの方にこのブログを見ていただき、
妻に成長が伝わったらと思います。
どうかクリックにてお力添えお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリック

妻は優しい

一人でも多くの方にこのブログを見ていただき、
妻に成長が伝わったらと思います。
どうかクリックにてお力添えお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリック

こんにちわ、グリズリーです。

 

昨日は今まで勤めていた設備管理の会社を退職手続きをしてきました。

新たな仕事は来週からです。

一刻も早く仕事を始め、少しでも妻に私が気持ちを入れ替え働いている姿を見せたいのですが、ここは待つしかありません。

 

今日は妻がなぜ私とやっていけないと思ったのか、そこについて、今日までに二度話した内容を私が解釈したまま書いていこうと思います。

 

まず、第一に今回の設備管理の会社での休職が妻の記憶をフラッシュバックさせてしまったのが一点。これが大きなきっかけになったと思います。

しかし、もちろんそんな一つの事柄で決意したわけではなく、あくまでそこまでにたまった小さなこと大きなことの一つ一つがこれをきっかけに爆発したという状況だと思います。

 

その内容としては、結婚式も挙げず、当然おまけに転職を繰り返すことで不安を与え続けたこと。もちろんそのような状況で子供を作る余裕もなく、本来結婚したらあるべき普通の事が何一つしてあげられていなかった状況出会った事があげられます。

また、妻に対して不安を与えていたのはもちろんのこと、

妻の家族、親戚にも大きな心配をかけていたと思います。

 

妻は自分のことより人の気持ちを優先してあげられる人です。

人が悲しんでいるとまるで自分のことのように悲しんであげられる人です。

 

きっと、妻が感じている不安に、さらに妻の親戚が感じている不安まで感じ取り、

不安具合は倍以上になっていたのだと思います。

 

 

夢を追うためということで別居してから、妻とは週末に会っていました。

ただでさえ別居しているのですから、会った時くらい何か楽しい事をしなきゃ、何かプレゼントでもしなくては。

平日は節制して、週末は妻との時間にお金を使おう。

私はそう考えていました。

 

しかし、妻から見れば、貯金のために別居しているのにやたら羽振りがいい、

全くお金を貯める気がないのではないか。

というマイナスの思いの方が強く与えられてしまっていたようです。

 

そして、一緒に追うと決めた夢なのにお金を貯める気がないということは、

やっぱり目指す気がないんじゃないのか、

一緒にやろうと決めたのに裏切られた。

と感じたのではないかと思います。

 

この点は私の自信のなさが招いてしまった問題だと思います。

別居していたらそのまま嫌われて離れてしまうかも。

イベントごとはしっかり楽しませないと。

 

妻のことを信じていないというわけではなく、私がこんなだから、

会った時くらいいいとこ見せないと嫌われてしまう。

そう思っていました。

ほんと馬鹿者ですね。

 

つまり、現在私は、妻と妻の周囲の人に不安を与え続け、妻との夢を途中で勝手にあきらめた状況だと妻の中では認識されているはずです。

 

 

前回の記事で書きました、会社での嫌がらせ。現場移動のため、会社から勧められた休職。これらは言い訳にしかならないだろうから言わないでおこうと思います。

 

私としては、パイロットになることが夢ではなく、パイロットになった後の妻との生活を目標として進めていたつもりでした。

だから借金が難しいようであれば軌道修正をし、パイロットではない別の仕事でやりがいを持って仕事をし、目標に向かえればと思っていました。もとい、思っています。

 

来週から始める新しい仕事は私が学生の頃から憧れていたライティングの仕事です。

一般的に夜遅くまで、下手したら泊まり込み。そんな業界ですので、家族の時間を取れないのはと思い、今までの仕事選びの際には選択肢に入れていませんでした。

 

しかし、仕事に誇りを持ち、会社の一員としての自分をしっかりと持っている妻には、私の今までの「仕事は生活するために、賃金を得るために仕方なくするもの」という仕事に対する考えが理解できず、お互い仕事に対する価値観のズレを感じていました。

 

だから、これからまた妻と歩んでいける未来があるのなら、妻には自分のキャリアを考えてほしいし、また、私は妻との仕事の価値観を近づける為に、家に帰る時間同行ではなく、やりたい仕事にやりがいを持って勤め上げたいと思い、今回、今まで避けていたライティング職に転職をしました。

 

もう妻にも妻の周りの人にも心配や不安を与えることなく、心機一転、再スタートを切り、大それたことはせず、小さなことからコツコツと歩んでいきたいと思っています。

 

どうか、妻にこの思いが届き、心を入れ替えた私と新たに人生をスタートしてもらえればと日々願っています。

広告を非表示にする