読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妻から離婚を切り出されました。結果バツイチになり会社クビになりました。

妻に捨てられ、さらに仕事を失った私のどん底ブログ。気軽にお声かけくださいませ。

一人でも多くの方にこのブログを見ていただき、
妻に成長が伝わったらと思います。
どうかクリックにてお力添えお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリック

満身創痍のグリズリーにとどめの一撃。

一人でも多くの方にこのブログを見ていただき、
妻に成長が伝わったらと思います。
どうかクリックにてお力添えお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
↑クリック

またまたこんばんわ、グリズリーです。

 

一個前の記事、電車の中で書いていたのですが、書き終えたと同時に妻から連絡が来ました。

やっぱりもう一度同居することは考えられないと。

 

つまり、その、おしまいです。

全部全部全部ぜーんぶ、すべて。おしまいです。

 

妻からは来週の土曜日を提案されたのですが、そんなの待てませんでした。

だって終わらせに行くの分かってるんですもん。なんでそんな先まで待たなきゃならないんだって。

処刑台の上で首に縄かけられてひたすら待たされるって。そんなの苦痛でしょ。

死ぬならさっさと死にたい。

 

それで、あさって仕事後に品川で私たち夫婦の関係を終わりにしてきます。

 

明日は仕事でセミナーに参加しなくてはならなくて、終わるのが結構遅いんです。

じゃあ最短であさってかなってことで。

ネット通販みたいですねww

翌日発送二営業日でお届け!みたいな。

 

とりあえず、もうあとできる事はいかに潔く、妻に罪悪感を感じさせずに気持ちよくサインできるかですね。

今朝の夢。出てきた黒髪の女の子は死神の使いか何かですかねww

 

座敷童だったらいいなぁ。離婚後に突然成功しちゃうの。

そしたら離婚の辛さも忘れられるかもしれないですね。・・・いや、無理ですね。

それに私はもう成功も何もないでしょう。

成功したところで何も満たされないし、ってか成功ってなんだ。

幸せになることなんだったらもう俺は大失敗をおかしたよ。

 

もう私にはなーんにもないから、あとは残りの人生を無駄遣いしていきます。

妻は別れたことによって人生充実しそうだなww

 

だから妻のために最高の離婚をしてきます。

 

んで妻の周囲からあの男とは別れて正解だったなって言われたら私の役割達成です。

妻は何も悪くなく、妻を苦しめていた悪魔として扱われれば、今後の妻の人生には離婚は不運だったことで、妻の評価を下げる事にはつながらないと思うんです。

 

だから私が最後に妻にしてあげられることは、妻にとって人生の邪魔者だった存在として周囲から認知してもらうこと。

 

全部終わったら何しようかなぁ。

新しいカメラでも買って、どっか旅したいなぁ。

それとも結婚する気はもうないから、遊んでくれる女の子探そうかな。

いや、俺なんかと遊ぼうと思う人いないわなww

 

やっぱりカメラ持って一人旅するか。

でも仕事あるなぁ。

なんか生きることに本当にメリットがなくなってしまった。

 

朝の夢にでた子が本当に死神ならこんな半端なことしないで私の事殺してくれればよかったのに。

もうほんとにつらい。

生きるのって難しい。

みんなすげぇや。

 

あ、そうだ、部屋にある家具全部捨てなきゃ。

ってかなんかもう家具とかじゃなく全部捨てて、何もない暮らしでもしてみようかな。

もうなんもいらない。

 

あ、あと今回の離婚で学んだ事。

・この世に神は存在しない。存在するのであれば神は人の愚行をみて楽しむだけの性悪野郎。

・努力は必ず報われる→嘘。 あれは努力して、運よく認められた人が言ってるだけ。

 

もう私は一生お参りとかしないです。

神頼みしてるやつをみたら直接は言わないけど、心の中ではめでてぇ野郎だなって笑ってやります。

 

結婚しないから子供を教育する場面はないけど、何かで子供に教える機会があったら、努力は必ず報われる。ではなく、努力をすると報われる可能性が少しある。と教えます。

 

この二点はこの離婚でとてもよく学べました。

そのた学んだ事なんかはまたあさって、書く気力が残ってたら書こうかな。

明日は更新する予定ですが、あさってどうだろ・・・

あさって以降更新が止まったら、あ、つまらない人生に耐えられなくて死ぬこと選んだかとでも思ってもらえたら幸いです。

 

とりあえず妻のために、あさってサインだけはしてきます。

あとはもうしらん!

なんも知らない!分かりたくないし知りたいとも思わない。

 

皆さんは毎日幸せですか?

幸せだったら嬉しいです。

 

では、また。